ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月30日

ケルン、新加入のマイヤーとデニスは早速「オプション」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 日曜午後より開催されるブンデス第19節アルミニア・ビーレフェルト戦に向け、1.FCケルンのマルクス・ギズドル監督は先日獲得した2選手、マックス・マイヤーとエマヌエル・デニスの起用法について明かすことはなかった。「両選手ともにオプションにはなるとみている」と語った指揮官は、「体調面は良好」ではあるものの「慣れるためのプロセスは終わっているわけはない」と強調している。

 少なくともマイヤーに関しては、実戦から非常に長く遠ざかっていることへの不安があげられるだろう。25才の元ドイツ代表MFが最後にリーグ戦に出場したのは昨年10月末のことであり、その後はクリスタル・パレスのセカンドチームにてプレーしていた。

 ただいずれにせよ中盤とFWに新たなオプションを加えられたことに変わりはないが、守備陣については状況は異なり、ヨナス・ヘクター、ラファエル・チホス、サヴァ=アランゲル・チェスティッチはいずれも負傷を抱えているところであり、ビーレフェルト戦での出場は不透明となったままだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報