ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月14日

フンケル監督の初陣でヤコブス負傷欠場。カインツにはチャンスか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今週土曜日に1.FCケルンでの初陣を迎えるフリードヘルム・フンケル監督だが、しかしながらこの試合ではドイツU21代表ウィンガー、イズマイル・ヤコブスが欠場を余儀なくされることが明らかとなった。

 火曜日に行われたフンケル監督指揮による最初の練習中のこと、ティム・レンペルレとの対人戦に臨んだ同選手は、その際に負傷を抱えて練習を中断。その後に足首の靭帯への損傷が確認されている。

 「彼のスピードは必要なんだ」と語るなど、先発のオプションとして期待していた指揮官だが、これにより土曜日のレヴァークーゼン戦のみならず、おそらく火曜日のアウグスブルク戦での出場にむけても疑問符がつくことになるだろう。

 逆にヤコブス不在により、日曜に行われたマインツ戦にて膝の負傷から復帰を果たしたフロリアン・カインツにとって、新指揮官の下でスターティングメンバーへと入る可能性が高まってきた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報