ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月15日

ケルン、決戦を前に主将ヘクターは最終調整に不参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 逆転でのブンデス残留を賭けた大一番、ヘルタ・ベルリンとの対決を前日に控えてもなお、1.FCケルンでは主将ヨナス・ヘクターの出場を確定させることは叶わなかった。左足首の負傷により最終調整への参加も見送られており、フンケル監督は「結論を出すには、まだ時期尚早」としつつも、「あまり期待はできないだろうがね」と、言葉を続けている。

 その一方で、ここ数ヶ月に渡って膝の問題に悩まされてきた「セバスチャン・アンデションは、一緒にトレーニングをすることができており、プレーすることになるだろう」とのこと。他にポストプレイヤーがいないケルンだが、負荷の調整がどうやら功を奏しているようだ。

 だがもしもヘクターが欠場となったら?代役候補としては、マックス・マイヤーを挙げることができるだろうが、ただヴォルフスブルクからレンタル中のエルヴィス・レジュベツァイについても、その攻撃力によってチャンスはある。さらにサリフ・エズカンにもチャンスはあるはずだ。 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報