ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月22日

ワトフォード、エマヌエル・デニス獲得へクラブ間合意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 プレミアリーグへと昇格するワトフォードFCは月曜夜、エマヌエル・デニスの獲得に向けて、所属元であるクラブ・ブルッヘと合意へと至ったことを発表した。23歳のFWについては、あとは詳細を詰めるのみとなっている。

 今冬にデニスはレンタルにて、1.FCケルンへと移籍。当初はブンデスリーガ5試合続けて先発出場していたものの、最終的に9試合(先発6)のみの出場で1アシスト、kicker採点平均4.5と期待に応えられずにいた。

ケルン、ビッセックとシュミットをレンタル


 その一方でケルンはヤン・オレル・ビッセックを再びレンタルへと出すことを発表。これまではポルトガル1部ヴィトーリアSCへレンタルしていたが、出場機会の少なさから途中で解消。これから20歳のCBはデンマーク1部オーフスAFへとレンタル移籍する。

 さらにケルンでは、オリヴァー・シュミットを武者修行へと出すことを月曜午後に発表。21歳のFWはまず2024年まで延長し、3部SVフェールへと2年レンタル。これまで14年間に渡りケルンに在籍してきた同選手は「ケルンは自分のホーム。ここで長期的な足場を築きたい」と意気込んだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報