ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月28日

シュトゥットガルト、フューリヒとクラブ間交渉。フィリップにはケルンが関心

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 VfBシュトゥットガルトでは現在、ボルシア・ドルトムントのに所属する23歳の攻撃的MF、クリス・フューリヒの獲得を目指し、一方でそのドルトムント時代のスウェン・ミスリンタトSDを知るフューリヒもまた、古巣ケルンやマインツなどから関心がありながら、すでにシュトゥットガルト移籍で合意しているところだ。

 あとは昨季にレンタルで同選手を獲得し、買い取りオプションを有していたブンデス2部、SCパダーボルンとのクラブ間交渉次第ということになるのだが、300万ユーロと成果に応じたボーナスを要求するパダーボルンに対して、200万ユーロをボーダーラインとするシュトゥットガルトは合意には至っていない。

 一方でそのシュトゥットガルトでは28歳の攻撃的MF、フィリップ・クレメントの移籍の可能性が取り沙汰されており、ここまで思うように事が運ばない中で、以前にはシャルケから、現在では前述のケルンからの関心が伝えられているところ。ミスリンタトSDはあくまで「自分でどう感じるかだ」と述べている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報