ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年01月10日

ライプツィヒ、ケイタがキャンプを離脱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keita8-1483965869
ナビー・ケイタが冬季キャンプを一足早く終えることとなった。

先日前半戦のポジション別ランキングで、ボランチ部門トップに輝いたギニア代表だが、大腿筋に問題を抱えたために一路ドイツへと戻ることがあきらかとなっている。

今季ここまで14試合に出場した21歳は、ここまで4得点2アシストの活躍をみせ、昇格組ながらリーグ戦2位という大躍進に大きく貢献しているところだ。

その一方でライプツィヒは、2018年までとなっていたシュテファン・イルザンカーとの契約を延長したことを発表。今季は本職のボランチだけでなく、右サイドバックやセンターバックとしてもチームの支える27歳との新たな契約期間は2020年まで。

また姉妹クラブのザルツブルクに所属する欧州注目の若手ダヨ・ウパメカノについては、kickerが得た情報によれば、ライプツィヒへの移籍を決断した模様。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報