ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月08日

ライプツィヒのベテランCBコンパーが延長交渉に

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

compper8-1494175871
リーグ戦24試合に出場することで、31歳のCBマルヴィン・コンパーは自動的に、ライプツィヒとの契約を2018年まで延長することが可能だ。しかしそれとは関係なく、ライプツィヒとは延長交渉に入っていることを、ビルト紙に対して明かした。「確かに。いい話し合いが行われているし、いい感覚を覚えているよ」

2014年にフィオレンティーナから当時2部ライプツィヒへと加入した同選手は、今回の話し合いでは2019年までの延長がテーマとなっているようで、「多くの選手が2部から今回の飛躍を遂げてきた仲間たちだ。これはすごいことだと思うね」と述べている。

身長185cmのベテランは、かつてホッフェンハイム時代にラルフ・ラングニックSDが監督を務めていたときの主力選手でもあり、来季はじめて経験するCLについては「自分たちの力をみせたいね。欧州のトップクラブとの力試しは自らつかみとった賜物だよ」と意気込みをみせた。

なお週末にはバイエルン戦が控えているところだが、コンパーは「ドイツ最強のクラブとの対戦はまさにハイライト。いい形で今季最後のホーム戦を飾り、ファンとともに喜びを分かち合いたい。勝利できたらいいね」と語っている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報