ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月25日

ドイツ代表ハルステンベルクが靭帯断裂で、ワールドカップも欠場へ!

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ドイツ代表マルセル・ハルステンベルクが、火曜日に行われた非公開での練習のなかで、右膝に重症を負ったことが明らかとなっていたが、水曜夕方にライプツィヒは、26才のサイドバックが前十字靭帯を断裂していたことを発表。これで残りシーズン全休はもとより、今夏にロシアで行われるワールドカップの参加の夢も破れることとなった。

検査は膝を専門とするウルリヒ・ボエニシュ医師の下で行われており、同選手はちかく手術を受ける必要があり、回復までにはおよそ半年間は要する見込みだ。

昨年末に行われたヘルタ・ベルリンとの前半戦最終節に、ゴールを決めた際にゴールネットに腕を取られて骨折を抱えたハルステンベルクは、その影響で今年行われた2試合ともに欠場。

なおドイツ代表としては昨年にウェンブレイにて行われたイングランド代表との親善試合で先発としてデビューを果たしており、kicker採点3をマーク。試合後ヨアヒム・レーヴ代表監督から賛辞を受けていた。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報