ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年02月22日

ハーゼンヒュットル監督「リーグ戦でもELでも最高の結果を」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「まだナポリでの戦いは前半が終わったに過ぎない。明日の試合は後半にあたるものだ。我々としては試合開始から全力を尽くし、そして試合に100%集中してのぞんでいきたい。もしもすでに突破しているように感じている者がいるならば、私は失望するよ」

そうプレスカンファレンスの席で語ったラルフ・ハーゼンヒュットル監督。前回はセリエA首位を走るナポリは主力選手を温存して敗戦しているが、「ナポリは前回の戦いからいろいろと学んできていることだろう」と警戒心を示した。

なおこの試合ではケイタとオルバンが負傷のために欠場。フォルスベリは負傷から復帰しジョーカーとしての出場が続いているといころだが、この試合でもまだ先発出場は時期尚早か。

指揮官は「我々としてはリーグ戦でもヨーロッパリーグでも、ともに最高の成績を出していきたいと思っている。選手たちは熱くなっているし、プレーしたいと意気込んでいるところさ」と述べ、「もしも勝ち抜けを決めることができれば、この日は非常に素晴らしいものとなるさ」と言葉を続けている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報