ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月30日

ライプツィヒ、フォルスベリに長期離脱の危機!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 水曜日にはホッフェンハイムとのドイツ杯2回戦、そして土曜日にはヘルタ・ベルリンとのリーグ戦が控えているRBライプツィヒ。しかしこのいずれの試合でも、エミル・フォルスベリは欠場を余儀なくされ、さらにその翌週に行われるELセルティック戦、さらにはリーグ戦レヴァークーゼン戦も出場が危ぶまれていることが明らかとなった。

 先日の代表戦以来、恥骨に問題を抱える同選手について、ラルフ・ラングニック監督兼SDは「おそくとも、代表戦あけには出場可能になると思うよ。そのために医療スタッフが懸命に取り組んでいるところだ」とコメント。なお代表戦期間後には、11月24日にヴォルフスブルク戦が控えているところだ。 「痛みはなかなか取れなくてね」

 その一方で、先日のシャルケ戦では疲労を考慮して、終盤から出場していたケヴィン・カンプルについては、月曜日の練習ではフレッシュな印象をのこしており、「よくなっている感じだね。プレーできると思っているよ」との見通しを明かしている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報