ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月02日

ライプツィヒ主将ヴィリ・オルバン、ハンガリー代表入りを決断

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 月曜午前、RBライプツィヒで主将を務めるヴィリ・オルバンが、これからはハンガリー代表としてプレーする決断を下したことをクラブ公式ツイッターにて動画で報告した。

 その前でハンガリー代表のユニフォームを掲げ、そしてハンガリー語で「これからは、ハンガリー代表の一員だ」と宣言した25才のセンターバックは、これまでドイツU21では2試合に出場。

 以前には「ドイツ代表が自分にとってのファーストチョイス。確かにポーランドとハンガリーの方が道のりは近いだろうけど、でも簡単に結論を出すタイプではないから」とコメント。

 しかしハンガリー人の父とポーランド人の母をもち、ドイツのカイザースラウテルンにて生まれた同選手は、ドイツ代表招集という願いがかなうことなく、最終的に父方のハンガリー代表を洗濯する決断をくだしている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報