ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月13日

サビッツァがオーストリア代表、サラッキがウルグアイ代表参加を辞退

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 RBライプツィヒでは本来は代表参加予定となっていた2選手、マルセル・サビッツァとマルセロ・サラッキが共に参加を見合わせることが明らかとなった。

 ライプツィヒの発表によればサビッツァは、先日のレヴァークーゼン戦にて左大腿筋裏に過度伸展を抱えたために88分に交代、その後オーストリア代表フォーダ監督に断りを入れたとのこと。

 なお今回の代表戦期間ではオーストリア代表は、ウィーンにてボスニア・ヘルツェゴビナ代表と、さらにベルファストにて北アイルランド代表との、それぞれネイションズリーグでの対戦が控えており、フォーダ監督は既にリンツァーASKよりトーマス・ゴイギンガーを追加招集している。

 またマルセロ・サラッキも木曜に行われたセルティック・グラスゴー戦にて、同じく左大腿筋に過度伸展が見られため週末のレヴァークーゼン戦では既に欠場。さらにこれからブラジル代表戦とフランス代表戦に臨むウルグアイ代表参加を見合わせることなった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報