ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年12月22日

ラングニック監督、公式戦31試合目も「やってくれるだろう」

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 年内最後のリーグ戦、ヴェルダー・ブレーメン戦を土曜午後に控えるRBライプツィヒ。ラルフ・ラングニック監督は 「3バックだろうが4バックだろうが、基本的な方針は明白なんだ。彼らはプレーで仕掛けてくる」とコメント。

 試合数ではヨーロッパリーグの影響ですでに30試合をこなしているが、「本当に多いと思うよ」と述べつつも「93・4分間にわたって十分に戦えることだろう」と述べている。「確かにブレーメンよりも試合数では優っているがね。それでも選手たちは再び力の限りを尽くしてくれるものと思う」

 一方でブレーメンといえば最近、ホッフェンハイムの練習をドローンで偵察していたことが話題にもなっているが、ラングニック監督は「暗闇の中でプレーしたよ、照明も落としてね(笑」と冗談を口にしつつ、逆に「自分たちではだいぶ前からチェックすることは大して気にしていないんだ」とも語った。

 「正直言って自分たちの準備において、それはさほど重要んではないんでね。むしろ過去の自分たちの試合をみる。そこから十分に知らなかったことがわかってくるものだよ」


  • ブンデスリーガ・各チーム情報