ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月24日

ライプツィヒ、ザルツブルクからヴォルフ獲得

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 RBライプツィヒは水曜、RBザルツブルクから過去7年で通算18人目となる、新規獲得選手を迎え入れることを発表した。19才のオーストリア人FWハネス・ヴォルフだ。ただし加入は今夏からということになり、2024年までの契約を結んでいる。

 ライプツィヒのラルフ・ラングニック監督兼SDは「昨年の大きな飛躍により、一躍注目を集める存在となった」選手の獲得に喜びをみせた。「長所は攻撃的MFでポリバレントにプレーできるところだよ。」

 1999年にグラーツに生まれ、これまでEL16試合(2得点5アシスト)、CL予選8試合(1アシスト)プレーしてきた、左利きのオーストリアU21代表は、今季はリーグ戦12試合に出場して4得点をマーク、さらにCL予選4試合、EL6試合に出場し、1得点1アシストを記録している。

 「僕個人にとって早い段階で次のステップを決めることは重要だった。これで今のタスクに集中しやすなる」と説明し、さらにビデオにてファンに対して「次のステップへと踏み出すタイミングにあると思ったんだ。どうか決断をリスペクトしてほしい」と理解を求めた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報