ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月31日

スミス・ロウが、すでにライプツィヒに到着

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨日にFCアーセナルから、エミール・スミス・ロウのレンタル移籍が迫っていると伝えられた、RBライプツィヒ。翌日の試合を控え、移籍最終日となる木曜日にプレスカンファレンスへと出席したラルフ・ラングニック監督兼SDは、すでに同選手がライプツィヒに到着していることを認め、「街を案内するために招待したわけではないよ」と笑顔を浮かべて答えた。

 しかしながらまだサインを交わすまでには至っておらず、「最後の数分勝負になるのではなく、数時間勝負になるだろう」と同氏は予想。負傷に苦しむフォルスベリ、そして同じく負傷を抱えたブルマのいる、左ウィングでの戦力として期待されているところだ。

 なお金曜日のハノーファー戦では、ケヴィン・カンプルが酷い風邪を患い欠場。代わりに今冬加入のタイラー・アダムスが、活躍をみせた前節の先発デビューに引き続き、先発することになるだろう。ブルマは欠場、ヴェルナーについてもまだ疑問符がついており、フォルスベリについては先発出場は時期尚早だ。

 「今の所は、ヴェルナーが出場できるよう期待している。それができなければ、クーニャやオギュスタンといったオプションが控えているところさ」とラングニック監督。

 また今回対戦するハノーファーでは、先日監督交代が行われたばかりだが、トーマス・ドル新監督について「情熱的で、いい人物だよ。彼と言葉を交わすのが楽しみだ」とコメント。「得られる分での情報集中は行なっているし、あとは自分たちのプレーに集中するよ。相手どうこうというわけではないからね」と意気込みを見せた。

ライプツィヒ(4位)の先発予想:グラーチ – クロスターマン, コナーテ, オルバン, ハルステンベルク – T.アダムス, デメ – サビッツァ, ライマー – Y.ポウルセン, Ti.ヴェルナー


  • ブンデスリーガ・各チーム情報