ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月18日

ライプツィヒのウパメカノ、このまま残り全休か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 RBライプツィヒは残りのシーズン5試合を、ダヨ・ウパメカノを欠いて臨むことを余儀なくされそうだ。左膝の軟骨を損傷した若きフランス人CBは、いまだ軽めの別メニューをこなすところにある。

 ただラルフ・ラングニック監督兼SDには十分にオプションが控えており、先日のヴォルフスブルク戦ではノルディ・ムキエレとイブラヒマ・コナーテがプレー、さらにこれにヴィリ・オルバンが復帰することと今節は4バックが見込まれることからも、むしろこのうちの1人がベンチに下がることになるはずだ。

 一方で今冬加入の若手米国人MFタイラー・アダムスについては、土曜日の試合はまだギリギリと行ったところだ。同選手は内転筋に問題を抱えており、水曜日はまだ制限した練習メニューを実施。また気胸を患っていたユスフ・ポウルセンについては、水曜日からチーム練習復帰の見込みとなっているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報