ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年07月25日

ライプツィヒ、エヴァートンからルックマン獲得

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 RBライプツィヒは木曜、プレミアリーグのエヴァートンからアデモラ・ルックマンを獲得したことを発表した。一昨季の後半戦にレンタルでライプツィヒに加入し、その半年間で11試合に出場、5得点4アシストをマークする活躍をみせた同選手。その後にライプツィヒは移籍金2500万ユーロを投じて観世人移籍を目指すも、エヴァートンとは800万ユーロの開きがあり破談となっていた。

 そして今夏でも再びライプツィヒは獲得へと動いており、可もなく不可もなしといったシーズンを過ごしていた同選手だったがエヴァートン側は移籍金2800万ユーロ近くを要求。だが最終的に1800万ユーロ、成果におうじて2200万ユーロにまで上昇する仕組みで解決をみたようだ。

 「昨夏から獲得を目指していた我々にとって、長いプロセスだった。しかし我慢強く取り組み、それが結果として報われたよ」と、クレーシェSDは述べ、「半年のレンタルで納得のパフォーマンスをみせており、早くチームになれることだろう。オフェンスに彼のダイナミズムを加えることができる」と語った。

 一方で2024年までの契約にサインしたルックマンは「半年間でみせていたものを、そのまま続けていきたい」と意気込みをみせ、「もちろんチームメイトとの再会が楽しみだし、また素晴らしい結果を祝えるようにチームの助けになっていきたい」と言葉を続けた。これによりライプツィヒは今夏のテーマとなっていた、得点力のあるミッドフィルダーを二人、クリストファー・エンクンク、そしてアデモラ・ルックマンを加えることに成功している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報