ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年07月31日

ライプツィヒ、ベテランGKチャウナーがメディカルチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 火曜日に行われたRBライプツィヒの練習では、アフリカカップ参加のアマドゥ・ハイダラが合流。さらにハノーファーのGKフィリップ・チャウナーが、間も無くしてライプツィヒとの契約にサインをする見通しとなっている。

 なお先週金曜に行われたスタッド・レンヌとのテストマッチを欠場していた、エミル・フォルスベリとダヨ・ウパメカノもチーム練習へと復帰。ただこれまでフォルスベリについては、アキレス腱の問題で幾度となく練習を途中で切り上げており、ウパメカノについてはクラブ側の発表によれば膝に問題を抱えていたとのこと。ただもう回復を果たしたようだ。

 その一方でジャン=ケヴィン・オギュスタンが風邪のために、マテウス・クーニャがそのレンヌ戦で負った脳震盪のために、それぞれ練習不参加。ただシーズンに向けた前哨戦である、土曜日のアストン・ビラ戦では再びオプションとなる見込み。

 また内転筋の負傷が長引くタイラー・アダムスについては、本来思い描いていたほどの回復をまだみせてはおらず、アストン・ビラ戦でも欠場。今季最初の公式戦であるドイツ杯初戦オスナブリュック戦、そして開幕戦のウニオン・ベルリン戦でも欠場がみこまれているところだ。

 なお明日の水曜からはおそらく、フィリップ・チャウナーがライプツィヒの練習場へと姿を見せていることだろう。33才のベテランGKは火曜日にメディカルチェックを受けており、バックアップとして2年契約にサインする見通しとなっている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報