ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月07日

アーセナルがウパメカノ獲得へオファーも、ライプツィヒ側は拒否

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 水曜日に行われたRBライプツィヒの練習場では、ダヨ・ウパメカノの姿が見受けられなかった。20才のセンターバックに対しては、プレミアリーグのFCアーセナルからの関心が伝えられており、当然ながら移籍への進展が頭をよぎるところではあるものの、同選手はアストン・ビラ戦で負傷の治療を受けていた。

 そのため今季最初の公式戦であるドイツ杯初戦では欠場を余儀なくされることになるのだが、しかしながらブンデスリーガ開幕戦までには再びオプションとなることだろう。ただその一方でアーセナルからの関心は長期間にわたって伝えられてきたことであり、kickerが確かな情報筋から得たところではアーセナルから、移籍金6000万ユーロを超える金額が提示されたものの拒否。選手に対して売却の用意がないことを説明した模様。

 しかしながらフットボールリークスの情報として独誌シュピーゲルが伝えたところによれば、2021年までの契約を残すウパメカノとライプツィヒとの契約には、契約解除可能となる例外条項が付随しており、昨夏の時点ではその金額は1億ユーロに設定。年を追うごとに低下する仕組みとなっており、今夏は9000万ユーロほどがみこまれるところだが、しかしながらそれでもアーセナル側にはその金額を支払う用意はないだろう。なおライプツィヒが2017年にウパメカノを獲得した際に支払った金額は、およそ1000万ユーロ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報