ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年11月20日

デメがケルン戦でeSportsデビュー。週末は現実世界でケルン戦へ

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バーチャル・ブンデスリーガ・クラブ・チャンピオンシップ第5節で、RBライプツィヒ所属のディエゴ・デメがeSportsデビューを果たした。サッカー選手としてはドイツ代表としてのデビューも果たしているMFは、「最高の経験だったね。楽しんだよ」とコメント。ただ試合は1.FCケルンを相手に0−2で敗戦を喫した。ただそれでも相手は、国際舞台にも立つプレイヤーであり「あとちょっとツキがあれば、1−1にもできたんだけど」と、その表情からは悔しさよりも喜びが見て取れている。

 なおその様子を、ユリアン・ナーゲルスマン監督が隣で見守っており、「興味深い試合だった。デメにとって、良いデビュー戦だったのではないか。それに彼にとってeSportsの世界では失うよりも学んでいくというものだと思う」とコメント。ただ現実世界では大きなサポートとなるドイツ期待の青年指揮官も、デメによれば「ここでは、あまり助けにはなってくれなかったね。むしろ(チームメイトの)アレックスが教えてくれたよ。ただクール無ことだけどね」とのこと。週末には現実世界においてケルン戦が控えており、ナーゲルスマン監督は「土曜日では、ピッチ上での戦いが待っているよ」と、デメの奮起を期待した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報