ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年11月25日

ライプツィヒ、CLベンフィカ戦前に緊急事態。CB4人が欠場?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 土曜日夕方より行われた1.FCケルン戦では、ホームの観衆を前に今季ブンデス最多得点中のオフェンス力をみせつけ、4−1で勝利を収めたRBライプツィヒ。しかしながらこの試合の終盤にダヨ・ウパメカノが、相手FWテロッデとの対人戦により負傷。

 そしてその後に受けた精密検査の結果、不幸中の幸いというべきか、骨など組織的な負傷は見受けられず「酷い打撲」で済んだことが明らかとなったものの、水曜日に控えるチャンピオンズリーグGLベンフィカ戦での出場は不透明となったまま。

 仮に欠場となった場合、ナーゲルスマン監督は大きな問題を抱えることになり、現在センターバックでは主将ヴィリ・オルバン、ノルディ・ムキエレ、さらにはイブラヒマ・コナーテの3選手が負傷により離脱を余儀なくされているところだ。

 その一方で長期間に渡り足に問題を抱え、母国の専門医の下で治療を続けていたケヴィン・カンプルについては、思うような回復が見受けられなかったために月曜日に手術。そのため年内は残り全休ということになり。ただ内転筋に問題を抱えていたタイラー・アダムスについては、木曜日からの練習復帰が見込まれている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報