ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月08日

ヴェルナーが練習場に復帰、クーニャには移籍の可能性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 火曜日に行われたRBライプツィヒの練習では、ティモ・ヴェルナーの姿が再び見受けられた。ただ病気明けとなったドイツ代表FWは、まだチームから離れ個別にランニングメニューをこなしている。

 その一方で全く姿を見せなかったのが、負担を考慮して室内での練習に終始したダヨ・ウパメカノであり、さらにシュテファン・イルザンカー(風邪)、イブラヒマ・コナーテ(臀部の筋損傷)、ヴィリ・オルバン(膝の手術)、ケヴィン・カンプル(足首の手術)らもチーム練習不参加。

 オルバンについてはナーゲルスマン監督は、4月前の復帰はないとみており、コナーテについても徐々に復帰を目指していく方針。ただカンプルについては、チャンピオンズリーグが行われる2月半ばには戦列復帰を果たす見通しだ。

 一方で同じく不在のマテウス・クーニャについては、東京五輪予選のためにブラジル代表へ参加していることから不在となっているが、ただ2018年夏に加入するも出場機会に恵まれない20歳のFWについては、いずれにせよ今冬での移籍の可能性も考えられるところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報