ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月10日

ESM欧州月間ベスト11、ブンデス首位ライプツィヒから2選手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ヨーロピアン・スポーツ・メディアが選出する、12月の欧州ベストイレブンが発表され、9月から連続選出を続けていたバイエルンのロベルト・レヴァンドフスキが選外となったものの、ブンデスリーガ前半戦を首位で折り返したRBライプツィヒから、ティモ・ヴェルナーとダヨ・ウパメカノの2選手が選出された。複数名選出は4名を輩出したリヴァプールとライプツィヒのみ。

ティボー・クルトワ (レアル・マドリード, 4票)
トレント・アレクサンダー=アーノルド (リヴァプールFC, 12票)
フィルジル・ファン・ダイク (リヴァプールFC, 10票)
アンドリュー・ロバートソン (リヴァプールFC, 3票)
ダヨ・ウパメカノ (RBライプツィヒ, 3票)
ケヴィン・デ・ブライネ (マンチェスターC, 8票)
ジョーダン・ヘンダーソン (リヴァプールFC, 4票)
ルイス・アルベルト (ラツィオ, 3票)
リオネル・メッシ (バルセロナ, 10票)
ロベルト・フィルミノ (リヴァプールFC, 6票)
ティモ・ヴェルナー (RBライプツィヒ, 6票)

コンラッド・ライマー「長くここにいたい気持ちは大きい」


 今季で大きな飛躍を遂げ、中盤の主力を担う22才のコンラッド・ライマー。2017年にザルツブルクから移籍金500万ユーロで加入した同選手は、契約は2021年まで残しており「延長交渉を行っている」とコメント。「長期的にここに残りたいという気持ちは大きい」ことも明かした。

 そしてチームについては「まだまだ力をもったチーム。もっとビルド悪pでバリエーションを持ってプレーできるし、もっとうまくポゼッションをして、もっと良い動きをもって相手に仕掛けることもあできる。それに武器であるカウンターももっと磨けるよ」と述べ、「良い立ち位置につけている。大きな成功を得るチャンスは大きいよ。でもそのためには良いパフォーマンスを見せなくては」と意気込みをみせている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報