ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月12日

ディエゴ・デメ、夢を叶えてナポリへと移籍

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 6年間にわたり在籍し、その間に2度のリーグ昇格を果たしてきたディエゴ・デメが、そのRBライプツィヒを後にし、自身の夢であったセリエAナポリSSCへの移籍を果たすこととなった。当時パダーボルンから35万ユーロで獲得したデメの移籍金としては、今回1200万ユーロを手にすることになる。

 イタリア・カラブリア州出身でナポリファンの父から、マラドーナよりディエゴの名を受けた同選手は、2016年末にkickerに対して「いつか、イタリアでプレーしたいと思っている」とコメント。

 さらにそのナポリでは、自身にとって憧れの選手であったガットゥーゾが監督として就任しており、まさに「夢の実現」という言葉にふさわしいものだ。だが逆にブンデス首位のライプツィヒが、ここまで主力を務めてきたデメ放出に応じた理由は何か?

 そもそも今シーズンにデメが主力を務めていた背景には、タイラー・アダムスが鼠蹊部の負傷を抱え、さらにケヴィン・カンプルが足に負傷を抱えたこともあり、いずれの2選手も共に復帰。また前半戦8試合の出場の中でハイダラは自信を蓄積しており、またライマーが中盤で今季ブレイクをみせているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報