ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年02月18日

ライプツィヒ、コンラッド・ライマーと2023年まで延長

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 火曜午前にRBライプツィヒは、コンラッド・ライマーとの契約を2023年まで延長したことを発表した。2017年にRBザルツブルクより加入し、そしてこれまでの間で主力選手の一角を担うまでに成長を果たした22才との延長に驚きを覚える必要はないだろう。

 対人戦に長けたライマーは、今季はリーグ戦19試合に出場してkicker採点平均3.13をマーク。2得点3アシストを記録しており、前半戦のポジション別ランキングでは、ボランチ部門にて『国際クラス』へとランク付。キミヒ、アランギスに続く3位へと選出された。

 「我々にとってコニーは、非常に重要な選手であり、特にポリバレントなプレイヤーだね。そしてどのポジションでも常に全力を尽くしてくれる」と、マルクス・クレーシェSDは評価。「コニーは素晴らしいメンタリティの持ち主でもあるし、我々の掲げる哲学を体現してくれているよ。プレー面でも戦術面でもワンランク上となり主力を務めている。まだまだ成長するだろう。」と期待感を示している。

 一方のライマーも、「僕自身の成長という点では、ここでとてもポジティブにこれていると思うし、このプロフェッショナル、かつ野心的な環境の中で、このクラブやチームメイトと共に、僕自身もさらに前進していけると思うんだ」と、延長を決断した理由について説明した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報