ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年02月18日

トッテナム、ソン・フンミンもCLライプツィヒ戦を欠場

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ハリー・ケイン、ムサ・シッソコに続き、今度はソン・フンミンが離脱へ。トッテナム・ホットスパーは、今週水曜に迎えるCL16強ライプツィヒとの初戦に向けて、さらなる主力選手を怪我人リストへと加えることとなった。

 日曜日に行われたアストン・ヴィラ戦にてソンは、前半ロスタイム、さらには後半ロスタイムにも得点を決めて、それが決勝ゴールに。マン・オブ・ザ・マッチに輝く活躍で、チームを3−2と勝利に導いている。

 しかしながら火曜日にトッテナムは、その試合でソンが右腕に骨折を抱えていたことを発表。これにより手術を受けることになり、まだ具体的な離脱期間は特に明かされていない。ただいずれにせよ、水曜日に行われるCL16強ライプツィヒとの初戦では欠場を余儀なくされる。

 ユース時代にハンブルガーSVへと加入し育成された韓国代表は、そこで2010/11シーズンにブンデスリーガデビューを果たすなど73試合に出場(20得点)、2013/14シーズンからはレヴァークーゼンへと移籍し、2年間で62試合に出場し21得点をマークした後、2015年からトッテナムへと渡っていた。(プレミア151試合出場51得点)

 だが今回の離脱によりモウリーニョ監督は、さらなる主力選手を怪我人リストん加える形で、ライプツィヒ戦へと臨むことに。ソン・フンミンの他、主将のハリー・ケインは大腿筋の筋断裂のため、そしてムサ・シッソコは膝の手術のために、それぞれ離脱中にある。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報