ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年02月20日

ドイツ代表ヴェルナー「リヴァプールでプレーするには、まだ学ばないと」

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 FCリヴァプールからの関心が伝えられる、ティモ・ヴェルナー。そのことに同選手は誇りを感じながらも、しかしながらまだ移籍は時期尚早と感じてもいるようだ。

 「現時点において、リヴァプールはベストの世界最高のクラブだろう。そことの繋がりが指摘されることは誇りだ」この日敵地ロンドンで行われたCLトッテナム初戦にて、決勝点となるPKを沈めたヴェルナーはそう語った。

 リヴァプールとユルゲン・クロップ監督は、23才のドイツ代表FWの獲得へ関心を抱いているところであり、ライプツィヒとの契約には今夏、5000万ユーロにて移籍可能となる例外条項が含まれているところ。
 
 「嬉しいことではあるけど」と語ったヴェルナーだが、「リヴァプールにはたくさんの良い選手が揃っている。僕自身もっと成長していかないといけないし、あのレベルでプレーするためにはもっと学んでいかなくてはならないことが山積みだ」との考えを示している。

 なおこの日にロンドンでみせたパフォーマンスは、kicker採点2.5に相当する活躍となっており、イングランドの地でちょっとしたアピールにはなったことだろう。またヴェルナーにとっては、公式戦5試合ぶりとなる、得点に絡む日にもなった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報