ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年04月26日

ヴェルナーがリヴァプールと合意?ライプツィヒ「特に話はきていない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツ代表FWティモ・ヴェルナーを巡る噂が尽きる事はない。今度は英国のスカイが、FCリヴァプールと同選手が移籍で合意に達したと伝えたが、所属するRBライプツィヒのマルクス・クレーシェSDは、しかしながら「特に話はきていない」ことを強調している。

 同SDは、「我々の方で何か決断を下したとか、そういうことはない」とした上で、さらにヴェルナーサイドからも決断が下されたという話は聞いていないとコメント。そして「特に、うちには話はきていないよ」と、言葉を続けた。そのヴェルナーに対しては、バイエルン等からの関心も寄せられているところだが、クレーシェ
SDはヴェルナーがライプツィヒで居心地よく過ごしていることを強調。「あとは見てみることになるさ」と述べている。

 その一方でライプツィヒでは、ケヴィン・カンプルとイブラヒマ・コナーテ、さらには主将ヴィリ・オルバンも負傷からも復帰を目指しているところだが、足の手術を受けたカンプルと、臀部に負傷を抱えていたコナーテについては、リーグ戦の再開から戦列復帰が見込まれているものの、オルバンに関しては「まだ1・2週間は長引くことだろうね」との見通しを、クレーシェSDは明かした。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報