ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年05月18日

ライプツィヒ、フォルスベリがマインツ戦も欠場か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に行われたリーグ戦再開初戦、SCフライブルク戦では痛み分けに終わった、RBライプツィヒ。続く1.FSVマインツ05戦に向けて準備を進めているところだが、しかしながらこの試合でも引き続き、エミル・フォルスベリを欠いて臨むことを余儀なくされそうだ。

 扁桃腺炎を患い急遽欠場となったスウェーデン代表MFは、その後に受けた抗生物質の投与により快方へと向かってはいるものの、しかしながらこの1週間については慎重に、徐々にチームへと組み込まれていくことになる。

 フライブルク戦について、ユスフ・ポウルセンは「決して理想的な出だしとはいえないが、それでも良い試合ではあった。今後を期待させるものではあったよ」と強調。ルーカス・クロスターマンも「何より重要なことはチャンスを作り出せていたこと。シュート数が3つ程度なら不安に駆られることだろうね」と、同調した。

 特にライプツィヒでは前半戦において、これから迎える残り8試合と同カードの中から、勝ち点22とまさに荒稼ぎすることに成功しており、もしも同じ結果を得られるならば確実に、今季目標に掲げていたCL連続出場を達成することになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報