ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年07月06日

ライプツィヒ、ファン、そしてヘンリクスも獲得へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 RBライプツィヒはこの夏、RBザルツブルクよりファン・ヒチャン、そしてASモナコよりベンヤミン・ヘンリクスを獲得することになりそうだ。ヘンリクス獲得を目指すのはこれが3度目となるライプツィヒは、ついにモナコとレンタルにて合意。しかし契約には買取オプションも付随している。ドイツ代表経験3試合をもつDFを巡っては、昨夏にも今冬ともにモナコ側から断りが入れられていた。

 ただこれにより今シーズンは、ライマー、アダムス、ムキエレらを回して対処していた右サイドバックに、ユリアン・ナーゲルスマン監督はヘンリクスを加えられることになる。なおドイツ代表では右サイドバックでプレーするルーカス・クロスターマンについては、どうやら今季後半戦と同様に3バックの右側を担うことになりそうだ。

 ヘンリクスは2018年にレヴァークーゼンから、移籍金2000万ユーロでASモナコへと加入。しかしながら満足いくような展開にはいかず、モナコとの契約を2023年まで残す状況となっていた。だが日曜日にRBザルツブルクでの最後の試合を終えたであろう、ファン・ヒチャンと共に今夏ライプツィヒの新戦力として加入。ファンについては、成果に応じたボーナス含む移籍金1400万ユーロで、今週にも移籍が成立する見通し。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報