ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月17日

パリSG、ナバスがCL4強ライプツィヒ戦を欠場

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今週火曜夜には実に25年ぶりとなる、チャンピオンズリーグ準決勝RBライプツィヒ戦が控えている、パリ・サンジェルマン。この試合はドイツ人指揮官同士の対決としても注目されるところだが、しかしながらトーマス・トゥヘル監督は先発GKケイロル・ナバスを欠いて臨むことを余儀なくされた。
 
 これは日曜夜にパリ・サンジェルマンが発表したものであり、同選手は先日行われたチャンピオンズリーグ準々決勝アタランタ・ベルガモ戦にて、後半の79分に大腿を負傷し交代。筋肉系に問題を抱えており、今回の出場は見合わされることとなる。代役はその試合でも代わりにプレーした、セルヒオ・リコ。

 レアル時代にチャンピオンズリーグ3連覇を達成し、昨夏に前述のリコと共にパリ・サンジェルマンに加入したナバスは、これまでチャンピオンズリーグ8試合、リーグ戦21試合に出場。8月はじめに行われた国内カップ戦オリンピック・リヨンとの決勝では、延長戦も無得点のまま迎えたPK戦で、そのナバスがデンベレを抑えその後にサラビアが決める劇的な優勝を果たしていた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報