ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月27日

ポグバがコロナ陽性で仏代表辞退、ウパメカノは初招集

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 9月5日に行われるスウェーデン戦、そして9月8日に行われるクロアチア戦にむけ、フランス代表ディディエ・デシャン監督は、ポール・ポグバを欠いて臨むことを余儀なくされた。27才のMFはコロナ陽性が確認されており、これから2週間の隔離へと入ることになる。そのため実質的には9月19日開幕を迎えるプレミアリーグにて、マンチェスター・ユナイテッドの一員として参加する可能性は残されてはいるが、しばらくの間はチームとの練習は許可されない。

 なおデシャン監督はスタッド・レンヌより期待の大型新人、17才のエドゥアルド・カマヴィンガを召集。これによりA代表デビューへの可能性も高まりをみせている。なおCL4強入りRBライプツィヒのダヨ・ウパメカノが、フランス代表から初招集を受けたが、その一方でCL優勝バイエルンのキングスレイ・コマンについては、召集が見送られている。


 今回の召集にあたり、ウパメカノは「僕とって、大変に名誉なこと」と喜びをみせ、「子供のころから、夢見ていたことなんだ。この青いユニフォームに身を包むことが。とても誇りに思っているし、それと同時にこれからも引き続き、ハードに取り組んで、そして期待にこたえていきたいと思う。最初の試合でエミルと会うのも嬉しいよ」と語った。エミルとはスウェーデン代表のフォルスベリのことであり、ライプツィヒではチームメイトの間柄でもある。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報