ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月21日

ライプツィヒ、セルロート獲得に迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 日曜午後に行われたブンデスリーガ開幕戦、1.FSVマインツ05戦はRBライプツィヒにとって、ティモ・ヴェルナー不在でむかえるシーズンの幕開けを告げるものでもあった。だがそれに先駆けてオリヴァー・ミンツラフ競技部門代表は、まもなくしてノルウェー代表FWの獲得の見通しであることを明かしている。

 kickerが得た情報によれば今週中にも、アレクサンデル・セルロートがライプツィヒにてメディカルチェックを受ける予定となっており、同選手に対してはヴェルナー、そしてパトリック・シックの抜けた穴の一部を埋めることが期待されているところ。

 ユリアン・ナーゲルスマン監督は先日、セルロートの獲得希望を強調しており、「彼は興味深い選手だ。ただ我々には2・3のオプションも残されている。センターフォワードが課題だからね、なんとかしようとしているところさ」とコメント。

 今冬にも獲得を目指した同選手について、所属元のクリスタルパレスがゴーサインを出した事で現実味が増しており、レンタル先のトルコ1部トラブゾンスポルは最終的に獲得を断念。移籍金額は2000万ユーロながら、成果に応じて最大300万ユーロ上昇する仕組みとなる模様。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報