ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月21日

ウパメカノへの準備?ライプツィヒがバルディオル獲得か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 来夏よりヨシュコ・バルディオルが、ディナモ・ザグレブからRBライプツィヒへと加入することになるのか。これまで複数のメディアでは、プレミア昇格組リーズ・ユナイテッドが有力な移籍先として報じていたが、そこに18才のCB獲得を目指してライプツィヒも参戦。

 昨季に同選手はクロアチア王者のディナモ・ザグレブにおいて、リーグ戦11試合に出場。2019年11月には17才でインテル・ザプレシッチを相手に初得点もマーク。1−0での勝利に貢献した。そんなクロアチアU21代表DFの獲得には、数千万ユーロ単位での移籍金がが必要と見られている。

 なおライプツィヒのCB陣では、ダヨ・ウパメカノが来夏にも退団する可能性が取り沙汰されているところであり、そのフランス人DFの後任として、来年からバルディオルを長期的に組み込んでいきたい考えのようだ。ちなみにディナモ・ザグレブからは、ライプツィヒはダニ・オルモも獲得した。

フラムがルックマンのレンタルを模索

 ドイツ杯初戦、そしてブンデス開幕戦でも出場機会を得られていないアデモラ・ルックマンの、ライプツィヒにおける将来性は決して明るいものとはいえない。そんな同選手に対して、プレミア昇格組フラムからの関心が寄せられているようだ。

 なおライプツィヒがエヴァートンへと支払った移籍金1800万ユーロの回収は夢物語だといえるだろうが、ただフラム自身は完全移籍はおろか、レンタルでのみ獲得が考えられる模様。それが実を結ぶかどうかについては、代替案によって大きく左右されるはずだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報