ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月26日

「真のリーダー」サビッツァとの契約延長を目指すライプツィヒ

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 RBライプツィヒとマルセル・サビッツァとの契約は、2022年まで残されているところだが、すでにマルクス・クレーシェSDがオーストリア代表MFとの延長交渉を行なって久しい。「もちろんそのことに従事しているし、我々も目標としてはこれまでもずっと、前倒しで延長することにあるよ。」と、kickerに対して日曜日にコメント。

 土曜日に行われたヘルタ・ベルリン戦では、負傷から4週間ぶりに復帰したばかりにも関わらず、即座に決勝ゴールを決めて見せた同選手について、改めて「彼はリーダー的存在として成熟しており、まさに真のリーダーとなった。」と称賛。「非常にインテリジェントにプレーしており、常に正しい判断をくだせる選手だ」と、その高い評価を語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報