ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年11月07日

ライプツィヒ、ハルステンベルク、ヘンリクスらの出場は未定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 コロナ危機による過密スケジュールにより、RBライプツィヒも例外なく息つく暇もない中で次戦、SCフライブルクへと臨むことになるのだが、それだけにより一層パリ・サンジェルマン戦での勝利は、選手たちに好影響をもたらしてくれることだろう。「マズい立ち上がりを見せながら、選手たちはよく盛り返してくれた」と賛辞を送ったユリアン・ナーゲルスマン監督。この勝利は「非常に重要なもの」であり、失敗に終わっていれば「非常に大きな疲労感をもっていた」可能性を指摘している。

 ただしこの試合では守備の要ダヨ・ウパメカノが負傷。これからしばらくの間は戦列から離脱することが発表されており、さらにパトリック・クライファートも膝に打撲を受け、今のところはフライブルク戦での出場が危ぶまれているところだ。加えて膝蓋腱の問題から回復し切れていないベンヤミン・ヘンリクスについても「半々だ」と指揮官。ドイツ代表召集が見送られたマルセル・ハルステンベルク(内転筋の問題)も、復帰を果たせるかまだ確実とはなっていない。「ウパメカノ離脱という中で、守備陣での復帰があれば良いのだが」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報