ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年11月18日

セルロートもライプツィヒの練習復帰へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 日曜日にドイツへと戻ってきたアレクサンデル・セルロートだが、参加していたデンマーク代表にてコロナ感染が確認。オスロの医療担当者や同国サッカー協会会長が隔離の必要性を訴え、クラブにも通告したことをメディアに語るなどして、今度の動向が不安視されていたが、火曜夜についに決着を見る時がきた。

 クラブ公式ツイッターは、「セルロートが戻ってきた後に、予防的に隔離がされていましたが、コロナ検査の結果で陰性が確認されたために、再び離れることができます。保険当局と連携し、さらなる検査も受けることになります」と発表。これで24才のストライカーは、水曜日から再びチーム練習へと参加する運びとなった。
 
 当初よりライプツィヒではセルロートが戻ってきた日曜日の時点で、前述のような隔離の必要性などについて書類上はおろか、口頭でも指示などは伝えられておらず、セルロートの復帰へ自信を覗かせていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報