ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月14日

ライプツィヒ、ヘンリクスの買取オプション行使の考え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今夏よりRBライプツィヒへとレンタルで加入するも、膝蓋腱炎によりここまでわずかリーグ戦7試合のみの出場にとどまっている、ベンヤミン・ヘンリクス(先発3試合)。23才のドイツ代表については、来月中での復帰が見込まれているところだが、同選手の契約に含まれる、1500万ユーロの買取オプションを首脳陣は行使する考えを抱いている模様。

 その一方で現在開かれている今冬の移籍史上については、仏1部ストラスブールのモハメド・シマカンなどの名前も浮上しているところだが、しかしながらここまでブンデスリーガ2位と順調な戦いを続けるライプツィヒでは、今冬に向けての補強は行うことはないようで、それはクレーシェSDがkickerに対して認めたものだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報