ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月26日

ライプツィヒ、再びニューヨークから若手獲得?

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 21才の米国人MF、タイラー・アダムスがRBライプツィヒにて、主力選手の1人としての活躍を見せる中で、さらに首脳陣は今冬にもアダムスの古巣ニューヨーク・レッドブルズから、今度はケイデン・クラークの獲得も目指しているようだ。

 これは英紙アスレティックが伝えたものであり、ただ17才の攻撃的MFについては、今年4月から12月にかけて開催されるMLSにてプレーしていき、2022年1月に18才となったあとで、ドイツへと渡ってくる模様。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報