ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年02月28日

負傷欠場後、アンヘリーノが「僕は怪我してません」と投稿

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 グラードバッハ戦での勝利により、ブンデス首位バイエルン・ミュンヘンとの勝ち点差を、2と射程圏内のまま今節を終えることができた、RBライプツィヒ。ユリアン・ナーゲルスマン監督は「この世界で仕事をしている者なら誰しもが、そういったことを夢見ることではあるものだが、しかしながら我々の本来の目標はCL出場権獲得であり、今日のような試合は順位表の上で重要な勝利だ。ブンデスリーガを盛り上げ、上位争いを展開できるよう全力を尽くす。ただサッカーファンのためだけに頑張るのではなく、まず何よりも自分たちのために頑張ると言うことだよ」との考えを語った。

 なおそのライプツィヒに続く3位ヴォルフスブルクと、来週にはドイツ杯8強にて直接対決が行われることになる。果たしてこの試合にアンヘリーノは間に合うのか?これまで4得点6アシストをマークしてきた、欧州トップクラスのSBへと躍進するスペイン人選手については、本日のグラードバッハ戦を筋肉系の問題で欠場することが、キックオフ前の先発発表の際にクラブ側より発表。だが突如としてアンヘリーノ自身が、「筋肉系の問題なんて抱えていないし、僕の状態は良いよ」と投稿。まもなくして削除する行動をとってしまったのだ。

 当然のことながらナーゲルスマン監督もこのことを認識しており、「まず第一に彼と話し合う。当然ながらこれが、決してそこまでクレバーなことではないことは明らかだ。」と述べつつ、ただ苛立ちをみせるだけではなく、「実のところ、私はこういうことは嫌いではないんだよね。プレーへの強い意思を見せているのだから。彼はとても感情的なんだ。プレーできないことは辛いことなのだろう。しかし実際のところ彼は少しだけ、筋肉系の問題を抱えており、それはMRII検査で確認されていること。でもね、私は燃える男が好きでね」と言葉を続けている。「ただ彼自身も考えたのではないか、削除しているのだしね。もっと良いやり方があったはずだよ」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報