ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年03月01日

ライプツィヒ、主将サビッツァが負傷。アンヘリーノと共にドイツ杯出場は未定

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 RBライプツィヒの主将マルセル・サビッツァは、ボルシア・メンヒェングラードバッハ戦にてふくらはぎを負傷、ハーフタイムに交代を余儀なくされていたが、日曜日に行われた検査の結果で筋損傷が判明。大事には至らなかったものの、それでも水曜日に控えるドイツ杯ヴォルフスブルク戦での出場は未定だ。

 なおユリアン・ナーゲルスマン監督によれば、大腿筋の小さな出血のために欠場していたアンヘリーノについても、最終調整まで出場の判断が見送られることになるだろう。なおその後に控える土曜日のフライブルク戦については、サビッツァは累積警告によりいずれにせよ、欠場を余儀なくされる。 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報