ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年03月04日

ライプツィヒ、主将オルバンが中手骨骨折で手術

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨晩に行われたドイツ杯準々決勝VfLヴォルフスブルク戦では、現在ブンデスリーガ3位と、そして2位であるRBライプツィヒとの好調同士の上位対決となったが、それを2−0で制して準決勝進出。前回王者バイエルンが既に姿を消していることからも、タイトル獲得へ大きな望みをつないだが、その代償として主将ヴィリ・オルバンが負傷を抱えてしまった。

 木曜日にクラブ側が発表したところによれば、ハンガリー代表DFはその試合で中手骨に骨折を抱えており、すでに手術を受けたとのこと。ただし離脱期間は「数日間」で、その後は特殊な保護器具を装着してプレーすることが可能のようだ。そのため週末に控えるSCフライブルク戦は欠場が濃厚。なおその4日後には母国ハンガリーでの再戦が確定した、CLリヴァプールとのセカンドレグが控えている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報