ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月26日

リヴァプールから関心のコナーテ、ナーゲルスマン監督「まだ話してない」

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督は、複数の英国メディアが報じている、FCリヴァプールからのイブラヒマ・コナーテへの関心について問われ、「私自身はまだ、彼とは特にそのことについて話をしているわけではないよ」と語った。

 どうやら現時点ではライプツィヒ首脳陣が、リヴァプールがコナーテへ具体的に関心を抱いているかはわからないようだが、しかしながらそれはこの噂に対してさしたる意味はもたない。2023年まで残されている契約には例外条項が付随しており、4000万ユーロと言われる移籍金を支払う用意さえあればクラブ間との交渉は必要ないためだ。

  なおライプツィヒでは既に、コナーテの相棒であり同国フランス出身の、ダヨ・ウパメカノが来季よりバイエルン・ミュンヘンへと移籍することが確定済みではあるのだが、それに先駆け昨夏の時点でヨシュコ・バルディオル(19)を獲得、今はレンタルで武者修行に出しており、また先日にはストラスブールからモハメド・シマカン(20)を獲得。加えてヴィリ・オルバン(28)との契約延長を結んでいる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報