ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月10日

ライプツィヒ、今度はハイダラと延長。フォルスベリとも間近

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 先日に守護神ペーター・グラーチとの契約延長が発表されたばかりのRBライプツィヒだが、今度はアマドゥ・ハイダラとも2025年まで契約を延長したことを発表した。

 2019年にザルツブルクから加入したマリ代表は、特に今季に大きな飛躍を遂げており、リーグ戦29試合に出場して3得点2アシスト、kicker採点平均3.26をマーク。さらにドイツ杯5試合、チャンピオンズリーグでは6試合に出場している。

 そしておそらくはドルトムントとのドイツ杯決勝の前にも、ライプツィヒから更なる朗報が届くことだろう。2022年まで契約を残すエミル・フォルスベリについても、契約の更新がすでに迫っているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報