ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月14日

ライプツィヒ、ムボゴの新天地を模索へ

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 現在はスイス代表の一員としてユーロ2020に参加中のイボン・ムボゴだが、しかしながら2022年まで契約を残すRBライプツィヒでの今後は不透明のままとなっている。

 本来ならば2022年までPSVアイントホーフェンへとレンタル移籍しているものの、来季の先発GKとしてドロンメルを獲得しており、グラーチとの延長でライプツィヒでもバックアップ以上の役割が期待できない。

 そのため判断が迫られるRBライプツィヒでは、レンタル解消のオプションを行使する形で、新たな受け取り先を模索することに。なおライプツィヒと27歳のGKとの契約期間は2023年まで。
 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報