ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年10月26日

ライプツィヒ、ドイツ杯2回戦の収益を対戦相手に寄付

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 火曜夕方よりドイツ杯2回戦SVバベルスベルク03と対戦する、RBライプツィヒ。だがこの試合の収益のうち、自らの取り分となる45%分を放棄して、「ホストチームへと全額寄付する」ことを明らかにした。

 ライプツィヒはその理由について、「コロナ禍により経済的に大きな打撃を受けており、また我々との対戦により運営上の追加費用も発生する。そのため今回の放棄について、特に悩むようなことはなかった。こういった形で貢献できること、そしてアマチュアスポーツへポジティブなシグナルを送れることをうれしく思います」と説明している。

 なお今回の試合はハイブリッドによる観客動員システムとなっており、18歳からは2Gが、12〜17歳までは3Gが適用され、総動員数は6000人が見込まれているところ。そして全てのチケットホルダーに対して、「大勢の観客がいることを考慮し、早めに、できれば試合開始1時間から90分前にはスタジアムに到着するように」とアドバイスした。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報