ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年11月04日

ライプツィヒ、守備の要オルバンがドルトムント戦を負傷欠場

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 水曜夜に行われたチャンピオンズリーグGL第4節、パリ・サンジェルマン戦でRBライプツィヒは、痛み分けに終わったためチャンピオンズリーグでの生き残りの可能性を失い、さらに守備の要ヴィリ・オルバンを失う結果となってしまった。前半まではプレーしていた同選手だが、ハーフタイムではそのままロッカールームへと止まっており、最終的にアマドゥ・ハイダラとの交代を余儀なくされている。

 29才のハンガリー代表CBは、これにより週末に控える注目の一戦、ボルシア・ドルトムントとのリーグ戦での欠場も確定しており、試合後ジェシー・マーシュ監督は「おそらく2週間くらはかかると思う。経験したことのないものだと彼は言っていたし、そう簡単に治るものではないだろう」とコメント。大腿裏に違和感を覚えており、詳しいことは木曜の検査以降に判明する見通しだ。代役候補はこの試合でも代わりを務めた、ノルディ・ムキエレ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報