ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年12月06日

ライプツィヒ、堂安所属PSVのシュミット監督を後任候補に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 kickerが得た情報によれば、日曜日に解任となったジェシー・マーシュ監督の後任として、RBライプツィヒではオランダ1部エールディビジ、堂安律が所属するPSVアイントホーフェンの、ロジャー・シュミット監督が候補としてリストアップされているようだ。54歳のドイツ人指揮官は2012年から2014年にかけて、RBザルツブルクにて監督を務めていた経験をもつなど、『レッドブル帝国』の背景をもつ人物。

 なお火曜日に行われるチャンピオンズリーズGL最終節マンチェスター・シティ戦は、コロナ感染から回復したアヒム・バイアーロツァーACが、「十分に回復をはかれれば」代行監督を務める見込み。そしてそのまま前半戦終了となる12月19日までは同体制のままで臨む可能性があり、「それから後半戦に向けて、RBライプツィヒでは新監督を発表することを想定している」ことをミンツラフ代表はSport1の『ドッペルパス』にて語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報