ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年04月12日

ライプツィヒ、グラーチの後継者にファンデフート獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 RBライプツィヒでは守護神ペーター・グラーチの後継者探しに、すでに1つの目処が付いた。ベルギー1部KRCヘンクのGKマールテン・ファンデフートを、2024年から獲得。「欧州サッカー界においてもっともエキサイティングなGKの1人」の獲得に、コマーシャル・ディレクターのフロリアン・ショルツ氏は喜びをみせた。

 9歳よりKRCヘンクにて育成されてきた20歳のゴールキーパーは、これまで同クラブにて71試合に出場しており、2019年12月に行われたナポリ戦にてCLデビュー。これは同大会史上最年少でのGKデビューというオマケつきとなった。

 またベルギーユース代表としてはすべての世代で経験しており、現在はU21代表の一員として来年の欧州選手権の出場権を先日に獲得したところ。そして今回は2024年からの5年契約のサインしており、つまりはその時に34歳の誕生日を迎えるライプツィヒの守護神グラーチの後継者としても白羽の矢が立ったことになる。

 「RBライプツィヒでのGK育成には素晴らしいものがあり、例えばペーター・グラーチは欧州トップクラスのGKの1人となった。僕もそのような道を歩んでいきたいと思うし、だからこそライプツィヒは僕にとって完璧なクラブだと思うよ」と、同選手は喜びをみせた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報