ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年12月11日

R.シュミット監督「いいサッカーをみせたい」

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

roger8-1481299330
週末に行われるシャルケとの重要な一戦を前に、当初の目標であったモナコ戦で自信を蓄積するという目的を果たしたレヴァークーゼン。ロジャー・シュミット監督は次の試合に向けて「いいサッカーをみせたい。勝ち点を獲得したいね」と意気込みをみせた。



ポカール2回戦で3部のロッテにまさかの敗退を喫した後に、「軌道修正してまたいいプレーをみせるようになった」と振り返る指揮官だが、「しかし思うような結果にはならなかった」ともコメント。13試合で勝ち点17という状況では、来季のチャンピオンズリーグ出場権争いからの早期脱落の可能性さえも出てくることになる。


加えて今回はモナコも週末のリーグ戦を意識してメンバーを入れ替えてきたことから、自信を蓄積する結果にはなったとはいえ、喜べる度合いが限られてくるというのもまた事実だ。



そんな中、レヴァークーゼンはアスレティック部門を担当していたオリヴァー・バートレットACとの契約を解消したことを発表した。後任はシャーリアル・ビグデリ氏とダニエル・ジュワイン氏が務める。その理由について、ルディ・フェラーSDは「いい仕事をしてくれたことに感謝している。ただ100%カバーしていくためには、組織の変革が必要だと判断したんだ」と説明した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報